講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
米国留学記(1
4

2002/09 - 2003/08

ロッキー山脈 国立公園巡礼


ディノザウルス国立記念碑

ライド・ザ・ロッキーズに参加するために、カリフォルニア州からコロラド州へ車で移動。
その途中、ユタ州とコロラド州の境に、恐竜の化石が大量に発掘されたエリアを通る。
周辺には何にもない乾燥した山岳地帯。寄り道をして見学。

恐竜の化石が剥き出しで展示されているので、中を歩くことは禁止。
ビジターセンターに車を駐車して、バスに乗って記念碑まで移動する。
ただし、車イスの人など、ディスエイブルド駐車証(全米で人口比約5%が所有)がある人は、
記念碑のそばまで直接、車をつけることができる。許可証の持つ私もそうした。

日本では、行列を作らなければならないような化石が、そのまま目の前に。
それも保存状態が抜群。また発掘されたところなので、リアル。

斜面をそのまま保存して、展示しています。
それにしても、ここは恐竜の墓場なのだろうか? 数多くの化石が斜面に埋もれています。

米国の自然史博物館には、恐竜の化石が多く展示されています。人気なのでしょう。
私の大学(UCバークレー)にも大きい化石が展示されています。
しかし、全ての骨が揃うことは難しいだろうから、完全な状態なものは、ほとんどないはず。
この記念碑は、完全な状態で見事でした。


グレイシャー国立公園

カナダと国境をまたがる氷河の国立公園。
観光に力を入れているカナダ側は、より整備されていて、多くの日本人も訪れている。

米国側は、公園を横断するドライブルート Going-to-the-Sun Road が有名。
ドライブでは、大陸分水嶺を超える。大西洋、太平洋、ハドゾン湾と、長い時間をかけて海へと続く。
私も、東側から西側に抜けた。時間がなかったので駆け足だったけど。

典型的な氷河地形。高い切り立った山がそびえます。
澄んだ空気、透明な雪解け水、深い森林、心が洗われます。

U字に削られた谷。ぼこっと氷河がえぐった証拠。
断崖絶壁に、ダイナマイトで道を作り、道路が作られていました。
人間の力に感服も、ここまでするかと人間の原罪について考えさせられた。

ただ、ロッキーを自転車で走ってきたばかりだったので、有名な公園だけど、感動はなし。
車の中から景色を見るのでなく、トレッキング、キャンプ、サイクリングとかしないと面白くないなあ。
雄大な景色にも見慣れてきたということか。


イエローストーン国立公園

世界最初の国立公園。野生動物が多く見れるのと、間欠泉が有名。
公園が広大なのと、大きな空港が近くにないので、訪問するのは難しく、自家用車での訪問が一般的。
よって、米国にいる時にチャンスとばかり訪問する日本人が多い。

北入口から公園に入る。入口は5箇所ある。一日ですべてを廻るのは不可能な大きさ。
最初に、マンモス・ホットスプリングスを訪問。

トルコのパムカッレみたいに、石灰岩が階段状になっているところもある(上写真)。テラスマウンテン。
トレイル(小道)が車イスで通れるようにバリアフリーになっているが、
いかんせん、山であったり、坂であったりするので、すべてを見ることはできない。

地下のマグマ活動と、それが繰りなす不思議な地形、奇岩が、このエリアにはごろごろ。
道路が整備されているので、車からドライブしながら景色を楽しめます。

公園内の道路では、ときおり、バッファローが現れたりします。
道をふさいでしまうと、それを見る人が、のろのろ運転になるので、大渋滞が発生する!

バッファローを追いこす時、運転しながらデジカメで顔をキャッチ。
でっかい顔してますなあ。

イエローストーン国立公園の中心地区オールドフェイスフルにある、ビスケット・ベイズンへ。
トレイルは、写真のようにバリアフリー。木の上を歩いていきます。
わざと距離を歩くようにして、目的地までの景色も楽しみます。

とても美しいサファイア色のプール(温泉)
バクテリアと藻類が、温度、酸性度、沈殿した鉱物と融合して、さまざまな色を作り出す。

トレイルがバリアフリーといっても、階段がありました!! 
ここは、トレイルが一周ぐるりと廻れるようになっているのですが、一方が段差なし。
距離をとれば段差なくせるのに。案内版もないし、ぐるっと大回りに来た道を戻らなければなりません。

ここはワイオミング州。米国でもバリアフリーが最も進むカリフォルニアの国立公園では、
このような階段があるような設計にはなっていません。州によって差がありますね。

こちらは、公園一番の名所である間欠泉。約90分毎に、定期的に吹き上げています。
その予定時間も案内されているので、確実に地球の潮吹きが見れるところ。
周りを取り囲むようにベンチが置かれ、観光客は今か今かと待ちわびます。

地球の潮吹きが始まりました。とっても高く。音も豪快。
1分ほど吹き上げています。まさに地球の鼓動。

オールドフェイスフルにも、トレイルが整備されており、車イスで廻ることができます。
傾斜があるので、私にはとってもいい運動。誰かに押してもらうことなく、1時間強の散歩。

あちこちに、温泉というか、噴出口があります。近寄れば温かい。
不思議な色をしていたり、溶岩がぐつぐつなっていたり、マグマ活動が目の前で見れます。

奥にも、大きな間欠泉があります。キャッスルカイザー。
こちらは距離が近いので、しぶきが飛んできて、すごい迫力。

長い散歩からホテルに帰ってくると、もう夕暮れ。
ホテルの近くの芝生を、なんとバッファローの親子が食べていました。巨体をゆさぶっています!
危ないけど絶好のチャンス! 近づいて記念撮影に見学。とってもラッキーです!

バファローをメインとした北米大陸の野生動物が見れるのが有名なイエローストーンですが、
道路が縦横無尽に貫かれ、保護されているとはいえ、人間様が動物の領域を侵犯している。

奈良公園の鹿、箕面の滝にいる猿、そんなと同じに感じた。。。

ラマバレーという野生に近いところも訪れたが、動物は道路から遥か離れた水辺にいて見れない。
それでも動物達は、道路を横断して生活はできないから隔離されている。しょうがないね。


グランドテトン国立公園

グランドテトン国立公園は、イエローストンのすぐ南、ひっついている。
しかし中身は違い、こちらは山と湖がメイン。景色が美しいことで有名。

きれいな空気を吸いながら、湖畔で休憩。
ボートに乗ってリフレッシュしたいところも、相変わらずバタバタとしたスケジュールなので、散歩だけ。

夏だけ開通する道路がいくつもあり、山を見ながら、湿地帯をドライブします。
グランドテトンは、この地域に最初の入植したフランス人の毛皮商人たちが、名づけたもの。
意味はフランス語で、女性のおっぱい とのこと。

北米大陸はイギリス人が開拓したという印象が強いが、
ミシシッピ川流域はフランス人、ロシア人が先に開拓していて、フランス語やロシア語の地名が多い。
西部開拓といっても、イギリス人達のもので、先にポツポツと一匹狼の毛皮商人たちが入ってた。

優雅な景色を楽しんでいると、なんと車のアクセルペダルが踏めなくなった。
アクセルをつなぐケーブルが切れてしまった
オートマチックなので、クリープ現象を利用して、近くの観光センターへ。
ちょうど平らな道であったので助かったけど、山の中だったら、どうなっていただろう。恐ろしい。

観光センターから、レッカー業者を呼び出し、近くの町ジャクソンへ。といっても50キロの距離。
しかし、日曜日で整備工場は休み。工場の前に車を止め、レッカー代を支払い、翌日まで待つ。
観光シーズンでホテルが通常の倍以上と高く、最悪。一日が台無しだ。

翌朝、すぐ工場に修理依頼をすると、在庫部品がないので取り寄せないといけないとのこと。
フォードの修理工場なのにね。3日間かかるので、待てない。

正規部品でなくてもいいからとお願いしても、危険なので、うちでは出来ないと断られる。
お願いをして、直せる修理工場を探してもらい、これまた州をまたいで50キロ。違う町の修理工場へ。
レッカー代も新たに発生するし、うーん仕方がない。

アイダホ州の田舎町。なんにもないところ。ぽつんと修理工場。
数時間待つことになったが、直してくれた。どうやら同機種の車が置いてあったので、
そこから部品を調達した模様。これでカリフォルニアに帰れることに。

何千キロも、故障なしに運転できて、乗り心地もよかった アメ車だったのに、
やっぱり故障してしまった。それも機関部品のアクセル。
カリフォルニアに帰れば、車を売ってしまうので、残りわずかな日数しか乗ることがなかったのに
修理代、レッカー代、修理に要した時間など、大きな痛手。

米国在住の日本人が、ほぼ全員、日本車に乗っているのは、やっぱり理由があるのですね。
最後の最後に、旅先の国立公園で、車が故障するとはツイてない。とほほ。


 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ